カウンター

まめあじ。

nyansel.exblog.jp ブログトップ
GvSE関連・守護石バリケ修理等はこちら

【年金】保険屋さんがやってきた。

あじです。

ROには関係の無いお話。

日曜日に両親の加入している保険屋さんが来ました。
うちには関係ないお客…と思っていたら、母に呼ばれ
「現実味は無いと思いますが、将来のお話をさせて頂きます」と
まだ20代に入って○年目とか言う人を捕まえて約40年後のお話をされました。
結論から言うと…

あなたの世代は年金を貰えるかどうかわかりません
年金の替わりとなる物をご自身で用意しないと、老後の生活が困難です。
あなたは老後の為に、来月から毎月6万円貯金が出来ますか?


というお話でした。
年金とか保険とか良く判らないし、遠い未来の話だからそのうち考えればー
って思ってた私に突きつけられた現実をリアルにどーぞ。





老後に使えるお金の構成を大まかに言うと、大元に年金。
その上に退職金がのっかり、更に上に個人的な貯蓄が乗るそうです。
図で言うと↓の様な感じ。
f0110998_18122518.jpg

今の年金世代は、図の左側。
これが今の40代になると、右側になって年金がいくら貰えるが判らない状態へ。
更に下の年代になると、年金がもらえるかすら判らず、
かと言っていくら資産をためておけば良いかも判らないらしいです。

女性の平均余命(寿命では無く)は、90歳になるらしく
平均的に生きるのであれば、大体の人は90歳まで生きるという数字です。
年金を貰い始めるのが65歳とすると、とりあえず65歳から90歳まで年金の替わりに
毎月10万円を使える様にしようとすると3120万円必要になります。

3120万円の貯金が今の時点であるのであれば、更に貯金をしていけば
より裕福な生活が出来るだけのお話なので関係なっしんぐ。
何も貯金が無い事が前提で、単にタンスの貯金をしてコンスタントに貯めるとすると…


25歳0か月(仮)から60歳の定年退職(の誕生日)までは35年間なので、

3120万円 ÷ 35年 = 89.142…万円(1年)
89.142…万円 ÷ 12か月 = 7,428…万円(1か月)

どどど…家賃○万を払い、年金の替わりに7万5千円を貯金。
生活費、教養・娯楽費、その他急な出費、税金。
更に別に年金替わりとは別に貯金(↑図でいう貯蓄の所)。
毎月いくら稼げばいいんだよ…っと言いたい。。

更に調べてみると、人生には別途でかかる費用もあり、

任意の保険費用:1000万円(月額2万として)  生涯の車の維持費:3000万円
結婚総費用:約397万円
住居 建売住宅:約3820万円 or マンション:約3541万円
 ※引越し費用や、維持費を除いた単なる家その物の金額
教育費
 幼稚園からすべて公立:約774万円 or 小学校を除いてすべて私立:約1421万円
 ※塾・仕送りなどを除く
定年退職後
 60歳のサラリーマン夫婦がゆとりのある生活を送る為には月額約38万円
 └65歳からは年金の受給があり約23.3万円は安定、差額分を捻出する必要がある。
 ※医療費は未知数

また60歳~65歳は基本的に収入が無い期間なので、鞭を売って職を探し働くか
若いうちに貯めておく必要があります…。

お金って怖い…老後って怖い;x;
今を一生懸命じゃなく、必死に生き無いと老後は泥水を飲むような生活が待っている。。


じゃあ年金保険に加入するとどうなるかを簡単に言うと、
タンスの貯金だと毎月7万5千円を貯金しないといけなかったものが、
もっと少ない金額で、65歳以降同じ様に10万円を貰えるようになるという物らしいです。

そこで生じる差額はどこから来るのか…と言う説明を自己解釈すると
保険料は、60歳になるまでの間毎月保険屋に貸し付けてその分の利息分が差額になってくる感じ。
ただし、ある一定期間の間は解約するとそれまで支払った金額より
少ない金額しか返ってこないので損をすうらしいです。

保険も複雑よね。
[PR]
by nyansel | 2008-03-17 18:11 | 役立つ何か
line

蜃気楼の塔に住んでいるお魚さん。近々お家が帰って来るって聞きました!!数か月帰らなかったからきっと内装されているに違いない…。


by nyansel
line
まめあじ。 Wki*
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31